日本刀の値段などの基本がわかる!よくある疑問を分かりやすくご紹介

日本刀の長さがさまざまにある理由とは?

日本刀の長さによる分類は大きく分けて3つあります。
1尺以下のものは短刀と呼ばれます。
1尺から2尺のものは小刀であり脇差もこれにあたります。
2尺を超えるものは大刀であり、有名な日本刀のほとんどがこれにあたります。
刃を曲げて測るものもあるので、刃の先端から棟木までを直線で測り、尺数を算出します。
大半は脇差であるが、大刀の中には刃が通常の2尺を下回るように鍛えられたものがあります。
これが小太刀の原点です。
大刀には2尺という下限は決まっているが、上限には制限がありません。
3尺を超える刀は、例外的に長い大刀とされてきました。
大太刀や野太刀と呼ばれます。
1500年以前はほとんどの刀が帯に紐で吊るされ、刃先を下に向けたスタイルでした。
このように携帯するものは太刀と呼ばれ75cmから80cmでした。
1600年頃からは武家造りと呼ばれるものに変わり、1867年まで流行した。
この頃から帯が標準的な装いになりました。
武士は刃を上に向けて帯に通し、通常はもう一本の小さな刀をメインと同じように鞘に納めて持ち歩くのです。

日本刀は日本よりも海外で人気が高いのはなぜか

日本刀は本来は武士が武器で使うものですが、江戸時代のように戦乱が無くなって武器の用途が減少するようになると、その美しい形状から工芸品や美術品のような扱いが行われるようになりました。
これは刀剣の刃の部分にできる独特の紋様や精巧に作られた細部が美術的な価値があると感じられるようになったからであり、作られてから時間が経っていなくても高額で取引されているものが少なくありません。
ただし、実際に高額で購入してするのは外国人の方が多くなっていて、その人気も日本よりも高くなっているというのが現実です。
海外で日本の代表的なものを尋ねると、寿司のような食べ物と共にサムライと答える人が多くいます。
これはその独特な姿や精神などが理由になっていますが、この流れが起因して日本刀が注目されるようになったと言えるでしょう。
最初は少しでもその文化を味わうために買われていた日本刀ですが、他の刀剣では見られない装飾の美麗さや曲線的な形状など魅力的な部分が多く、そこから愛好者が増えていきました。
日本では簡単に見ることができる日本刀ですが海外では限定的であることから、入手が難しいという点も人気に拍車がかかった理由になっています。

日本刀に関する情報サイト
日本刀を知ろう

当サイトは日本刀の値段などの基本がわかる、よくある疑問を分かりやすくご紹介しています。刀の購入を検討していたり、売却を考えていたりする時にはぜひ参考にしてみてください。また刀の長さがさまざまにある理由も、このサイトで解説しています。さらに所有していた刀が盗まれたときはどうすればいいのか、といった知っておきたい情報も取り扱っています。いざというときにも役立つ可能性があるので押さえておくのがおすすめです。

Search