日本刀の値段などの基本がわかる!よくある疑問を分かりやすくご紹介

所有していた日本刀が盗まれたときはどうすればいい?

室町時代に誕生した日本刀は、現代では古美術品という位置づけで愛好家が収集をされるようになりました。
日本では法律によってどなたでも日本刀を所有することは不可能となっており、購入時は必ず警察に届け出をしないといけません。
頑丈なケースに鍵を付けて保管をすることが義務付けられますが、不意に盗難に遭ってしまったという場合はどうしたらいいのでしょうか。
その際の対処法をここでご紹介します。
まずは盗難に遭った旨を警察に報告をしないといけません。
そこで所有をしている日本刀の登録番号を申し出ることになります。
最寄りの警察署から警官が派遣され、日本刀が盗まれた場所のチェックをされます。
もしも室内に防犯カメラなどを設置していたのであれば、その映像を提出しましょう。
なお、ここで注意をしないといけないのは、悪用をされた際は保管義務を怠ったと見なされ、以後は刀を保有する許可は下りなくなります。
その点を考慮して厳重に保管をしましょう。

日本刀を鑑賞したい時にはどこに行くべきか

日本刀というのは、一般に家庭でみることは簡単ではありません。
それは所持することに登録や許可が必要となるからです。
では一体どこで鑑賞することが出来るのでしょうか。
もしも手軽に見てみたいと思った時には、地元の博物館や美術館に行ってみるのがおすすめです。
期間が限られた展示も行われていることも多いですが、常設展示場として常にその博物館や美術館が所蔵しているものを展示しているスペースもあるのです。
全国探してみると、比較的多くの場所に所蔵している場所を見つけることはできますが、博物館や美術館によってはその内容には大きな違いがあります。
どんなものが見たいのかということを明確にして行ってみるのがおすすめです。
日本刀というのは知識があればあるだけ、歴史的な背景を知り面白さがわかります。
そのため、できれば学芸員がいるところがおすすめです。
歴史的な背景、日本刀の持つ魅力、型の違いなど知ることが出来るのではないでしょうか。

日本刀に関する情報サイト
日本刀を知ろう

当サイトは日本刀の値段などの基本がわかる、よくある疑問を分かりやすくご紹介しています。刀の購入を検討していたり、売却を考えていたりする時にはぜひ参考にしてみてください。また刀の長さがさまざまにある理由も、このサイトで解説しています。さらに所有していた刀が盗まれたときはどうすればいいのか、といった知っておきたい情報も取り扱っています。いざというときにも役立つ可能性があるので押さえておくのがおすすめです。

Search